ET-WM22-RMの特徴について紹介

象印オーブントースターET-WM22-RMの
特徴について紹介します。

象印オーブントースターET-WM22-RMは、
上下遠赤外線ヒーターを採用しているため、
庫内をしっかり温めます

さらに、温度調節も
80℃~250℃まで調整可能なので、
料理の幅が広がります。

そして、とても珍しい
はずせる扉、はずせる焼き網、スライド式くず受け皿
を採用しているためお手入れ簡単です。

トースターのガラス窓は、汚れやすいのですが、
はずせて洗えるので清潔に保てます。

おもちを焼く時などにも使える網は、
目が細かくできている
ため、
おもちを焼いた時でも下にたれません。

さらに、庫内は広々としていて、
通常の食パンが2枚同時に入ったり、
グラタン皿も縦に2枚おけます。
(*庫内サイズ:幅27㎝・奥行22㎝)

このような特徴があるため、
象印オーブントースターET-WM22-RMを使用して、
様々な料理を作れると思います。

さらに詳しくは販売ページに記載されているので
そちらを参考にしてください。

販売ページは
下記をクリックしてください。
↓↓↓↓↓

詳細はこちら